おいしいもの なあに

暑さも涼しさも感じるこの頃ですね。

幼稚園の畑では、夏に育てたパプリカがまだしばらく収穫できそうです。


こちらはサツマイモ。葉が生い茂り、土の中ではお芋が大きくなっているはず!

収穫は10月かなぁ。


この栗は?

野菜の栽培のお手伝いをしてくださっている“畑の先生”。

その方の栗の木になり、園児全員にプレゼントとして持ってきたものです。


せっかくなので、お店屋さんごっこをしてわくわくの気持ちをふくらませました。


年少組では先生がお店屋さん「いらっしゃいませ」

どれにしようかなぁ。

「うーん。これ!」


「こうやって袋のなかにいれるんだよ」

先生の話をよく聞いて、栗を袋の中にちゃんと入れました。

「おうちで たべるんだぁ」

「ゆでてもらって食べてね」

後日、こどもたちに聞くと

ゆでたことや半分にしてスプーンでくり抜いて食べたことなど

話してくれました。

これから実りの秋を迎えます。

おいしいもの なあに? うーん、いっぱい!!