昆虫博物館に行ってきた!

3月になりました。今年度の最終の月です。

いろんな出来事があった1年でしたが、そんな中でも子どもたちの興味や

好奇心はいつもと変わらず、キラキラと輝いています。


年中組の子どもたちは「しぜん」「むし」に関心が高まった1年でした。

今、飼育しているカブトムシの幼虫もすくすく育っています。

というわけで、虫をもっと知りたい子どもたち。

2月の下旬に「名和昆虫博物館」へ行ってきました。


まずは館長さんからのお話。「昆虫はあしが6本なんだよ」


これは「ギフチョウ」

初代館長さんが下呂市で発見したものだそうです。


いろんな種類のチョウがいるんだよ。

「うわぁ、すごい」


「きれい」「すごい、おる」

数え切れないほどのチョウをみて、ただただ驚いていました。

チョウといっしょに、ニッコリ。


これはトンボ。じーっと観察しています。

どんなことを感じているのかな。


「これって、なに?」「んーっと、ザリガニ?」

 さそりだよ!

他にもクワガタやカブトムシなど標本がいっぱいで、

子どもたちの「知りたい」という気持ちがどんどん

大きくなっていきました。

帰る前にすこしお散歩。パンジーがきれいだったね。